スキンケアと肌トラブル予防

スキンケアというのは、案外簡単なものがよく、シンプルスキンケアがあらゆる肌トラブルを防ぐと言われています。肌をキレイにしたくて一生懸命ケアするのは尊いことなのですが、逆にそれが裏目に出ることがあります。必死になってケアするほど、肌にダメージを与えることになるのです。シンプルスキンケアが良いのは、美肌のめためには、洗い過ぎない、つけすぎないということが大事だからです。スキンケアする時は、取り過ぎず、与えすぎないことが大切なのです。洗浄力の強いクレンジング剤や洗顔料を使い続けると、肌トラブルの原因になります。洗顔で皮脂を取りすぎると、余計に、皮脂分泌が過剰になります。皮脂や保湿成分を過剰に洗い落とした後、化粧水や美容液を付けると、炎症を起こしかねません。化粧品をベタベタ塗るのもよくありません。そうすると、アレルギーや色素沈着などを引き起こします。スキンケアは、シンプルケアが一番で、そうすることで肌の自浄作用が機能し、肌本来の美しさがよみがえります。何を塗っても良くならない人は、スキンケアが過剰になっているのかもしれません。そうした人は、スキンケアをとことんシンプルにして、肌をリセットするケアを試みることです。
また、寝る直前に食べることはニキビ肌に悪いのでしょうか。これははっきり言って悪いです。寝る直前に食べるのは、ニキビ肌に悪い影響を与えます。寝る直前に食事を摂ると、ニキビ肌によくないのは、胃腸との関係にあります。食べてすぐに寝ると、胃腸の動きが鈍くなります。消化しきれていない食物が腸に送られることになるので、栄養の吸収が悪くなります。体に吸収されにくい状態になるので、寝る直前に食べることはニキビ肌によくありません。寝る直前の食事は、胃腸にも負担がかかることになります。美肌を目指したいなら、食事は寝る直前は避け、少なくとも寝る2~3時間前には済ませておきたいものです。ニキビ肌改善のためには、食物をしっかり消化して吸収したあとに、寝ることが大事です。食べた直後の睡眠は、胃腸が動いているので、決して質のいい睡眠にはつながりません。食べ物によって消化しきる時間が違うことにも留意しないといけません。炭水化物や脂質は特に消化に時間がかかるので、食事は寝る3時間以上前には済ませておきましょう。寝る直前にお腹がすいたとしても、ニキビ肌改善のためには我慢すべきです。首ニキビの原因と治し方

サブコンテンツ

このページの先頭へ